飯田 泰之・雨宮 処凛「脱貧困の経済学」

脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる

脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる

貧困に効くのは「経済学っぽい考え方」なんです。
反貧困運動の象徴・雨宮処凛がぶつける質問・疑問・要求に、若きエコノミスト・飯田泰之がズバっと「経済学的に」答えます。
最低賃金規制でプレカリアートは幸せになるのか?
経済成長しないと毎年2%ずつ失業する?
派遣規制で貧困は止められるのか?
ベーシックインカムは実現可能か?
再分配で不平等が拡大している?…など

この本が書かれた背景を説明すると、2008年にリーマンショックが起き、その影響で08年から09年に年末年始に東京の日比谷公園にて年越し派遣村が開設されたあとに書かれた本になります。そのため、貧困や格差を是正するためには具体的に何をすればいいのか、気鋭のエコノミスト・飯田泰之に話を聞いた、というあらすじです。

この本はすでに出版されて10年前になりますが、内容は今でも必要とされている経済学の知識です。貧困を無くすためには、経済学はどのような処方箋が出せるのか、この本を通して経済学のエッセンスを垣間見ることが出来ます。

この本を読んでほしいのは、日本の比較的リベラルな考えを持つ人です。内田樹を初めとした左翼は経済成長を憎悪していますが、経済成長がないと貧困が拡大し、失業が増加することが本書に書かれています。そのため、内田樹はアベノミクスのすべての政策を批判してしまい、良い経済政策でさえも批判し、結局経済について無知なままになっていると考えます。

そのような状態を解消することができるのが本書です。格差を是正するためにはどのようなことを政治に求めればいいのか、貧困と経済学について知りたい方は本書をお読みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする